資産として保有する

金貨は資産として保有しておくという使いみちがあります。金の価値というのは普遍的なものであり、これから先価値が高くなったり低くなったりすることもあるでしょうが、一定以上の価値は維持し続けることは確実です。一方、日本円というのはこれからどんどん不況が進んでしまうとかなり価値が落ちてしまうことがあるかもしれません。そうなると資産としての価値が減ってしまいます。現金のみを保有しておくよりも、金貨を持っていた方がいざというときに対処することができるのです。

資産たとえば子供達のためにまとまった資産を残したいと考える方がいるかもしれません。その場合は、現金を残すよりも金貨を残しておく方がメリットがあります。金貨というのは不動産とは異なるため固定資産税が発生することはありません。どれだけ金貨を保有していたとしても、固定資産税がかからないため、その分税制的には有利な選択となるのです。

また、金貨であれば細かく分配しやすいという特徴があります。そのため、遺産相続の際にはトラブルに発展しにくいでしょう。また、金貨というのはすぐに売却することができるというメリットもあります。このように資産として多くのメリットがあるのです。相場も比較的安定しています。

*参照記事*
収集する
投資に利用する
金貨の活用方法